アメーバ経営と呼ばれるもの

アメーバ経営と呼ばれるもの

アメーバ経営を導入する事によって、製造部門であっても利益を出す事が可能なようになります。社員全部が一眼となって自部門の利益をとことん意識しつつ、創意着想を重ねていき、経営に参画する事が大きな特色であり、みんな参加の経営を実現する事の可能な経営管理の仕組みなのです。

この働き方革命のマックスのトレードマークとしましては、採算部門である組織を5〜10人といった小さな刻みに細分化させ、各々が1つの法人でまとまっているかのように、独立採算で運営する事を言います。例を挙げるとメーカーというのはモノを用意する事で利益が出ますので、メーカーとして世の中には影響しています。

働き方革命の中に「アメーバ経営」と呼ばれるものがありますが、これは京セラ名誉会長である稲盛和夫氏が多彩な会社経営の実体験から心積もりられた経営方法であり、「経営というのは部分の経営トップだけで行うものではなく、全部の社員が関わって行う不可欠がある」という見方です。この事からモノを作っている部門でも利益の事を腹積もり、売るところでももちろんの事ながら利益を考慮する不可欠があるのです。