ドラッカーのマネジメント

ドラッカーのマネジメント

会社の目的は「私たちは社会にどんな風に役立てるか」であるべきです、会社の利益が目的ではありません。ドラッカーのマネジメントで勘違いしてはいけないのは人目や視線を気にして行動するのではなく、人そのものを気にかけなくてはならないと言う事です。

マネジメントに携わる人間ならば人の目ではなくて、何時どのような場所でも常に神様が見ている、と言う気持ちで行動しましょう。なんだか違う様な気がしますが、社会に貢献している内に結果というものは付いてくるのですね。

そうする事で自信も生まれて仕事、プライベートでの成功に繋がってくるのです。会社とは社会そのものだとドラッカーは言っていますがこれは会社の主=社会だと言う事ですね、それは最近よく会社は誰のものなのかと言う事をよく聞きます、もちろん株主でも従業員でも顧客でも、経営者でもありませんね、そう社会なのです。

実際に人目を気にしながら物事を行うとあんまり純良結果にはなりません、それは実に大切なものを見極めることが出来なくなっているからです。