他者の優れたポイントを分析

他者の優れたポイントを分析

イノベーションには「今までの常識を覆して現代的価値観、常識を造る」という意味合いもあり、優秀な他者などをベンチマーキングして「もしもあの企業ならばこうするはず」「あの人はこう考えるのでは」と言う事を考えて自分の肥やしとするのです。部下というものは使えない上司、無知などには笑って流しますが真撃さがナッシングと言う事については拒否反応を示します。

真撃さの有無は仕事においてもリーダーシップが必要な時もどの上司が一番有能なのか悩んでいる時も一番重要な事なんですね。ベンチマーキングする時は自分とは違う分野のものが何よりのですね、そうするとよりイノベーションのレベルも向上し成果も望めます。

優秀な人、優秀な企業なんかは世の中に溢れかえっています、ライバル心を燃やすのではなく、その優れたポイントを盗んで自分のものにする、これをベンチマーキングと言います。真撃さ、これはドラッカーがリーダーシップで一番重要な事だと述べています、一緒に仕事をしている部下が真撃なのか如何かがすぐに分かってしまうんですね。