先進的でありまた独創的なメカニズム

先進的でありまた独創的なメカニズム

1900年台最初としましては、あまりも先進的でありしかも独創的なメカニズムだった事から、市場でそこまで解釈を得る事が出来なく、後にその企業を手放す事となります。この人物は自動車工学や航空工学におけるエキスパート的な影響であり、フレッシュな年齢のころから自動車製作に積極的に取り組んでいました。

働き方革命と呼ばれる商い戦略において名高いなランチェスターに関しても、本当は若くして会社の立ち上げした自動車ブランドを売り渡しした過去を持っています。経営戦略に、応用できるという見方から、経済学的方面で認知度を上げてきています。

世の中の成り立ちの中で、多くの戦略や戦術が公表されてきており、日本におきましても、多くの経営者がスピーチを行う場合に、中国の孫子の兵法を題材に出す事も少なくはないのです。けれども、ランチェスターの法則の注意するべき点というのは、その戦略を数字で算出する事が可能な事です。

国内におきましては、1955年に「オペレーションズ・リサーチのテクニック」と呼ばれる翻訳書が出版され注意を集め続けています。ランチェスターというのは、本名はフレデリック・ランチェスターと呼ばれるイギリスのエンジニアとなります。

エンジニア出身のランチェスターならではとも言えるアプローチであり、普遍的に永らく語り継がれる訳でもあります。自ら立ち上げた企業を手放す事になった実に5年後の事です。

私本人、満喫してでクライアントと共に生み出した想いです。その後、技術アドバイザーという立場で、理論の方面に進む事となり、その時に公表される事となった「集中の法則」と呼ばれるレポート(1914年)において、一気に脚光を浴びます。