大きなキーワードとなるのがブランド

大きなキーワードとなるのがブランド

この会社なら大丈夫、(信頼して)購入が出来るこの人だったら安心できるから(信頼して)任せられる。ブランドというものは重要で人もモノもサービスもマネジメントするにあたり、このブランドというものが大きなカギとなります。

言葉を変えれば創造的破壊と言う風にもなり時代や世の中の変化、流れは常に変化していて終始今までのままでいるとそれは上手くいきません。でも、ブランドってマークやロゴの事や商品そのもの、サービスの事なんじゃない?これは大間違いです、ブランドとは他の人達に対する信頼の事です。

そうですね、他社から信頼の有るモノ、人、会社またさサービスの事をブランドと呼ぶのです、仕事でもプライベートでも信頼を得たものが自分のブランドを守り抜けるのです。イノベーション、これもドラッカーはマネジメントには絶対に必要なものとしていますが、このイノベーションとは日本語にすると技術革新と言う意味になります。

仕事はいろんな面で製品、技術、売り込みの仕方、価格帯などを常にイノベーションし続けなくては結果を出すと言う事は不可能でしょう。